ウェルおおさか 大阪市社会福祉研修・情報センター

5F
施設ご案内

さまざまな福祉の情報を発信する拠点

福祉社会を支える人材の養成や、社会福祉に関するさまざまな情報の総合的な発信を事業の柱としています。

だれもが安心して暮らせるまちづくりを進めるため、福祉を支える人材を 幅広く養成する拠点として開設された大阪市社会福祉研修・情報センターは、社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・太平ビルサービス大阪株式会社共同体が指定管理者として管理運営を行い、市民の皆様に福祉に対する理解を深めていただくための多様な研修や実習を実施するとともに、福祉に関する人材育成と情報提供する場をめざしています。

開館時間 平日9:00〜21:00  土・日9:00〜17:00
ただし、図書・資料閲覧室は9:30〜17:00 (月〜土曜日)
休館日 国民の祝日(土・日曜日と重なる場合は除く)、年末年始(12月29日〜翌1月3日)
臨時休館日 詳しくはこちらをご覧下さい。
所在地 〒557-0024 大阪市西成区出城2丁目5番20号
電話 06-4392-8200(代表) 06-4392-8206(FAX)

福祉人材の養成

専門職の資質の向上や、市民の皆様に社会福祉に関する理解をさらに深めていただく意識啓発を、介護技術など日常的な福祉技能の向上を図るための研修と実習を行います。

 

  • 社会福祉事業従事者向け研修
  • 地域福祉の活動者向け研修
  • 市民向け講習会や介護実習
  • 人権研修
  • 行政機関や各種福祉団体の実施する研修の企画、立案、実施への支援 など
  • 「大阪市福祉人材養成連絡協議会」の運営

調査研究

社会福祉に関わる人々の実践活動が、効果的・発展的なものとなるように、さまざまな福祉課題をテーマとして取りあげ、調査研究を実施するとともに、自主的な研究活動を支援します。

 

  • 各種機関と連携した福祉情報の収集・提供
  • 調査・研究成果を研修・実習事業に活用

貸室事業

会議室・講習室などをご利用いただけます。

ウェル大阪について

「ウェル」は英語で「福祉」をあらわす”welfare”(ウェルフェア)の言葉の響きから作った造語です。

また同時に、”welcome”(歓迎)、”well”(満足な、十分な)、 ”weld”(融合する)の意味合いも表わし、福祉を学びたい人、福祉を知りたい人に広く門戸を開放し、豊富で十分な施設や資料、情報を活用してもらうとともに、ここに集う人々の交流によって「新しい福祉の芽」を生み出していきたい・・・という当センター設立の理念を現わしたものともなっています。